×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  人の一生と関わるお菓子

人の一生と関わるお菓子

人の一生と関わるお菓子

一年に四季折々が巡ってくるように、私達の一生にも、数々の節目があります。
お菓子は、喜びの時や悲しみの時、時々に欠かせない人々の気持ちを伝えるものであると考えています。

祝いごとには、赤飯や紅白饅頭、鶴の子餅などの盛菓子が用いられます。
また、仏事用には、黒豆入りの黒飯や春日饅頭などのデザインの三ツ盛や五ツ盛の菓子が用いられます。
気持ちを表現するためにお菓子は欠かせない存在となっている側面もあります。

用途 内容 お菓子
帯祝い

内容

妊娠5ヶ月目の戌の日、妊婦は岩田帯を締めて安産を祝います。戌の日というのは、お産の軽い犬にあやかったものです。

お菓子

紅白餅、帯締め団子、赤飯など
出産祝い

内容

出産時に弓に弦を張り、弓矢の神秘的威力により、妖魔を退散させ、出産3日目には、近所におはぎを配る風習があります。

お菓子

三つ目おはぎ、はらわた餅、鳥の子餅、赤飯など
お宮参り

内容

男の子は31日目、女の子は33日目に、生後初めて氏神様に参拝し、無病息災を祈願します。

お菓子

紅白饅頭、鶴の子餅、御目出糖など
初節句

内容

生まれて初めて迎える節句のことです。女の子は、「桃の節句」、男の子は「端午の節句」と言います。

お菓子

柏餅、ちまき、桜餅、菱餅、ひなあられ、草餅など
誕生日祝い

内容

生後満1年目には一升餅の丸餅に寿の文字を書き、健康であるように願い幼児に背負わせる風習があります。

お菓子

祝い餅、バースデーケーキ、赤飯など
七五三祝い

内容

男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳の年の11月15日、氏神様に詣で、今日の成長に感謝し、将来の健康と幸福を祈願します。

お菓子

千歳飴、鳥の子餅、赤飯など
入学祝い
卒業祝い
就職祝い

内容

入学は幼稚園から大学まであります。また卒業式にはお世話になった方へ感謝の気持ちを送ります。

お菓子

紅白饅頭、鳥の子餅、赤飯、焼き菓子の箱詰めなど
成人祝い

内容

男の子はそれまで頭に何もかぶらず、この時初めて冠をつけ、女の子も初めて裳をつけました。11~16歳頃が多かったですが、現在は20歳を迎えた門出を祝います。

お菓子

赤飯、紅白饅頭、引菓子など
結婚祝い

内容

結婚式は人生最大の慶事であり、第2の人生へ出発する大切な儀式です。

お菓子

松竹梅の式菓子、ウェディングケーキなど
結婚記念

内容

結婚後の一定周期にお祝いをします。

10年目:錫婚式
15年目:水晶婚式
20年目:陶婚式
25年目:銀婚式
30年目:真珠婚式
35年目:珊瑚婚式
40年目:ルビー婚式
45年目:サファイア婚式
50年目:金婚式
60年目:ダイヤモンド婚式

お菓子

引菓子、鯛菓子、ケーキなど
賀寿祝い

内容

長寿のお祝いで次のようなものがあります。

60歳:還暦祝い
60の干支が一回りして元に返るということから

70歳:古希祝い
人生七十古来稀也から引用

77歳:喜寿祝い
草書体の七十七の組み合わせから

88歳:米寿祝い
米の字が八十八の組み合わせになることから

99歳:白寿祝い
百の字から一を取り除くという意味から

お菓子

赤飯、引菓子、鳥の子餅など
箱詰め菓子には金銀の水引を使います。
上棟式
新築祝い

内容

家屋の骨組みができると建前といって上棟式を行います。会社関係では落成祝いをし、会社名やマークの入った引菓子などが用いられます。

お菓子

赤飯、紅白の投げ餅、鳥の子餅など
開店祝い

内容

商売のスタートを祝います。開運の意味で宝船、きんちゃく、うちでの小槌などの図案が喜ばれます。

お菓子

鳥の子餅、赤飯、紅白餅など
快気祝い

内容

見舞いに来てくれた人などへ病気全快を報告し返礼します。

お菓子

御目出糖、赤飯、鳥の子餅など
仏事
法事

内容

子孫は一生を閉じた者を丁重に弔い、年忌日には法要を営んで冥福をお祈りするのが務めです。

通夜
親族、友人、知己の見舞いを受けます。お通夜には通夜饅頭を配る風習があります。

葬式
この日は盛り出しといって会葬者に春日饅頭、青白饅頭などが配られます。

香典返礼
七七日忌(四十九日)の供養を済ませるとお礼の香典返しをします。

法要
法事は初七日、二十一日、三十五日、四十九日、百か日、一周忌、三回忌、七回忌…と法事を務めます。宗派により異なりますが、一応の区切りとして三十三回忌が最終年忌とされています。五十回忌は亡き霊が天国に召されたとしてお祝いのものを使用します。

お菓子

青白饅頭、焼饅頭、塩釜、式菓子など